納品

製品の納品までの流れ

多くの製品は海外から輸入し、当協会で製品外観に異常がないか目視により検品した後、使用者の元へ納品します。
また、国立研究開発法人理化学研究所の製造品についても、同様に当協会を経由して納品します。
ただし、DENISファーマ株式会社、 富士フイルム富山化学株式会社につきましては、当協会を経由せず直接納品しています。

出典:アイソトープ輸送ガイド

 

製品の受取り~保管

製品の納品先は、注文書に記載いただいた「現品送付先」(*以下の現品送付先(納品先)についてをご参照ください)に納品します。
RI管理室などをご指定いただき、放射線安全管理担当者に受け取っていただくようお願いいたします
また、納品時間の指定はお受け致しかねます。通常、納品予定日の午前中に納品されます。

詳細はこちらから

 

現品送付先(納品先)について  *放射線安全管理スタッフの方へ

現品送付先調査

数年毎に現品送付先調査を実施しておりますが、 住居表示の変更や組織改編に伴う部署、建物名称等の変更が発生しており、 現在ご登録いただいている「現品送付先」と実際に納品している住居表示、組織、建物名称が 異なっているケースが見受けられます。そこで、放射性試薬をより安全・確実に行うため、2~3年ごとに「現品送付先調査」を実施して、 住所や建屋名称先を確認させていただいております。 調査実施の際にはご協力いただけますようお願いします。

 

現品送付先の変更

ご登録いただいている「現品送付先」及び「不在時におけるご連絡先」に変更がありましたら、 下記にご連絡をお願いします。

変更後の現品送付先
(例1:東京都文京区本駒込X-XX-XX 1号館地下1階 RI管理室)
(例2:神奈川県川崎市殿町x-xx-xx 検品室)
不在時連絡先
(例3:03-5395-xxxx 連絡先部署名:総務課)
(例4:044-589-XXXX 氏名:鈴木、高橋)

送付先のメールアドレス:shiyaku★jrias.or.jp
※ 上記の「★」記号を「@」記号 に置き換えて下さい。

 

現品送付先の記載方法

  • 必ずどなたかが居られる場所をご記入ください。(放射性物質のため普段居られなくても許可のある使用施設を納品先にご連絡いただいている場合がありますが、確実に納品できる受取場所をご指定ください。)
  •  ○△学部御中、○△研究所御中でご登録させて頂いている場合は、より具体的な部署名、階までご記入ください。
  •  現品送付先は1使用施設に対して原則1箇所でお願いします。(ご使用者への直接の納品はいたしません。複数箇所の納品は、可能ならば1箇所におまとめください。)
  •  建物に名前や番号がある場合はご記入お願いします。
  •  不在時連絡先は現品送付先同様に、輸送物送り状に印字されますことをご了承ください。

 

梱包資材

多くの製品は当協会の資材にて製品を梱包しています。
一方、DENISファーマ株式会社富士フイルム富山化学株式会社の製品は協会を経由せずに納品しますので、各会社の資材で納品されます。

 

当協会の梱包資材

 

当協会以外の梱包資材(例:DENISファーマ株式会社の場合)

 

問い合わせ先

公益社団法人日本アイソトープ協会
医薬品・試薬課
TEL:03-5395-8033
FAX:03-5395-8055 (0120-012895 注文専用)
Mail:shiyaku★jrias.or.jp
※ 上記の「★」記号を「@」記号 に置き換えて下さい。