機器計測において注意すべき点はなんですか?

計数率(cpm)が高いときは検出率の不感時間(分解時間)による数え落としを考慮しなくてはいけません、10,000,000 cpmを超えたら要注意で、数十万 cpm以内で計測できるように試料を調整した方が良いでしょう。