核医学・核工学シンポジウム「インドネシアにおける医用RI製造技術開発の動向」開催のご案内


インドネシア原子力庁は30年以上前より核医学診断用RIの製造技術に
取り組んでいる。特に約2年前からは、日本企業(化研、NAIS)の技術供与を受け、骨・肺・甲状腺・腎臓・肝臓などの臓器を描出する画像検査に多く用いられるMo-99/Tc-99mを原子炉による中性子捕獲法で生成し、効率的に抽出する技術の開発を進めている。本シンポジウムではその動向について二件の講演をいただき、我が国での医用RI国産化検討の参考とする。

 

日時 :2022年1月27日(木)13:30~16:00
場所 :Zoomによるオンライン開催
   (ZoomリンクIDは申込受付後、事務局から連絡します)
対象 :一般、学生
参加費:無料
申込 : https://docs.google.com/forms/d/e/1FAIpQLScdY8DiZ5-DFBxAC-ds0qPrQT8WXrLdW8yg7MMh2AS0PGP0ig/viewform?usp=pp_url
 ※URLが改行されてリンクエラーになる場合、URL全体をコピーし、
  ご利用のブラウザのアドレスバーに貼り付けてアクセスしてください。
 ※1月26日(水)12:00 までに申し込みください。

 

主催

東京都市大学 原子力システム研究室
日本医用アイソトープ株式会社(NucMed)

 

プログラム

・開会挨拶 (5分)
  高木 直行 氏
  東京都市大学 研究教授

・講演1(50分)
「インドネシアの医用RI製造計画と現状」(仮)
  Liem Peng Hong 氏 
  東京都市大学 客員教授

・休憩 (5分)

・講演2(50分)
「放射性診断薬製造技術のインドネシアへの技術供与」(仮)
  蓼沼 克嘉 氏 
  (株)化研 前代表取締役会長

・フリーディスカッション(30分)
「日本の医用RI自給に向けて」(仮)
  司会 諸岡 健雄 氏
  一般社団法人 日本医用アイソトープ開発準備機構
  (JAFMID)業務執行理事

・閉会挨拶 (5分)
  川田 裕美 氏
  日本医用アイソトープ株式会社 代表取締役社長

 

事務局(問い合わせ先)

矢野 眞理
東京都市大学理工学部 原子力安全工学科 原子力システム研究室
E-mail: mkyano@tcu.ac.jp