植物科学における放射線イメージング

放射線イメージング技術は植物科学において非常に強力な研究ツールです。本総説では、現在利用可能な植物科学を対象とした放射線イメージング技術について、その原理と応用例を紹介します。具体的には、ラジオルミノグラフィやマイクロPIXE等の静的イメージング手法と、リアルタイムRIイメージングシステム(RRIS)やポジトロンイメージング、コンプトンカメラといった動的イメージング手法について説明します。

タイトル:植物科学における放射線イメージング
著者:鈴井伸郎,河地有木,古川 純,田野井慶太朗
RADIOISOTOPES, 68, 643–657(2019)
詳細はこちらから

 

参考)植物RIイメージング研究に関する各種コンテンツのご紹介

近年、植物研究分野における RIのイメージング技術が発展し、対象となる元素の動態を非破壊的に撮影することが可能となってきました。ここでは研究者ネットワークであるBRIngのメンバーと日本アイソトープ協会が連携し、植物の元素動態の解明研究に興味がある方に向けて様々なコンテンツを提供しています。

詳細はこちらから。