強制水泳誘導うつ病マウスに対するラドン吸入による抗うつ効果の検討

RADIOISOTOPES 65 巻 (2016) 12 号より、ライフサイエンス分野、医学分野等に関連する記事をご紹介いたします。

なお、掲載記事一覧はこちらからご覧になることができます。

全文をダウンロードする[PDF]

著者:大和 恵子, 片岡 隆浩, 西山 祐一, 高田 裕司, 恵谷 玲央, 山岡 聖典

抄録:本研究ではラドン療法の新規適応症の探索のため,強制水泳(FST)誘導うつ病マウスに対するラドン吸入による抗うつ効果の有無について検討した。その結果,FSTに伴ううつ様行動や脳内ノルアドレナリン・ドーパミンなどのモノアミンの減少に対し,2,000 Bq/m3ラドンの24時間吸入により抑制することが示唆できた。これらの知見などから,ラドン療法の適応症の一つとして抗うつ効果の可能性のあることがわかった。