チャコールシートを用いた細胞培養時の35S標識アミノ酸安全取扱法

RADIOISOTOPES 61 巻 (2012) 8 号より、ライフサイエンス分野、医学分野等に関連する記事をご紹介いたします。

なお、掲載記事一覧はこちらからご覧になることができます。

全文をダウンロードする[PDF]

著者:山下 順助, 五十嵐 美枝子, 武山 久志

抄録:家庭用プラスチック容器とチャコールシートを用いて,35S標識アミノ酸を用いた培養実験における周辺の汚染防止法を開発した。通常の培養では培養器内加湿用バット内の水及びガラス内扉から大量の汚染が検出されたが,チャコールシートを用いた容器内で培養した場合は全く汚染が検出されなかった。また,使用したチャコールシートからは極めて大量の35Sが検出され,シートが35Sの高い吸着能を有することが示された。