放射性試薬の安全取扱ガイド2版 Ⅷ

8)放射性試薬の廃棄方法

 

目次

概要
汚染のある廃棄物
汚染がない廃棄物

 

 ① 概要

・放射性試薬を使った実験で出たRI廃棄物は、一般的な廃棄物とは廃棄の仕方が違います
・分別方法や捨て方については、必ず放射線安全管理担当者に確認してください。

 

② 汚染のある廃棄物

・一連の操作が終わった試料は、最終的に汚染のある廃棄物として処理をしてください。
・施設ごとに異なりますが、基本的には以下の分類ごとにゴミ箱等が設置してあります。

分類 対象
可燃物 紙類、布類、木片
難燃物 プラスチックチューブ・ポリバイアル(残液は抜いてください)、ポリシート・発泡スチロール等のプラスチック製品、ゴム手袋等のゴム製品
不燃物 ガラスバイアル(残液は抜いてください)、ガラス器具等のガラス製品、塩化ビニル製品、注射針、アルミ箔等の金属製品、シリコン製品、テフロン製品
非圧縮性
不燃物
金属塊、鉄骨、鋳物、機械機器、多量のベータプレート、多量のTLCプレート、多量の活性炭
無機液体 無機液体(有機液体を混ぜないでください)
有機液体 液体シンチレータ廃液(その他の有機液体を混ぜないでください)
動物 乾燥後の動物、糞尿が付着した敷きわら・床敷き・おがくず

*廃棄するものは有機液体・無機液体以外乾燥してから捨てます。

 

③ 汚染がない廃棄物

・汚染がない廃棄物は、一般的な実験の廃棄方法と同様に廃棄します。
少しでも汚染しているものは、すべて汚染のある廃棄物として処理をしてください。

PAGE TOP